群馬大学_重粒子線医学研究センター

新着情報

IAEA大使団 群馬大学放射線医療施設を視察

その他


 去る2015年3月11日、国際原子力機関(IAEA)の大使団が群馬大学の重粒子線医学センター及び放射線治療施設を視察されました。今回の視察は外務省によるIAEA理事国6か国(英,ケニア,ナイジェリア,インド,チリ,米)の大使等7名による日本の原子力関連施設の視察に群馬大学が協力したものです。群馬大学への訪問では放射線の医療分野への応用を中心とする原子力の平和的利用の取組みについて理解を深めていただくことが目的でした。
 朝、大使団が群馬大学重粒子線医学センターに到着され、放射線診断及び治療についての講義と、引き続いて熱心な質疑応答が行われました。その後、大学内の重粒子線治療施設などの放射線関連施設を見学されました。午後は日高病院にて最新鋭の放射線治療機器や画像診断部門を見学され、日本のがん診療のレベルの高さと原子力の平和的利用について実感していただけたようでした。
 最後に高崎量子応用研究所にて放射線の産業利用などを見学されました。夜は伊香保の旅館にて温泉や和食などの日本文化を満喫され、多くの大使からは「今まで色々な国へ行ったが、最も素晴らしい経験だった」と嬉しい感想をいただきました。今後も日本の国際貢献の一助となれるような活動を進めていきたいと考えております。