群馬大学_重粒子線医学研究センター

新着情報

前立腺がんの重粒子線治療:12回照射への変更のお知らせ

お知らせ

 群馬大学では、これまで前立腺がんに対して16回(4週間)の重粒子線治療を行ってきました。
 11月に治療の準備を始める患者さんからは12回(3週間)の治療になります。適応や紹介手順に変更はありません。
 また、ホルモン療法の併用方法も従来の当施設の方針に変更ありません。