群馬大学_重粒子線医学研究センター
  • 文字サイズ変更
  • 文字サイズ変更_小
  • 文字サイズ変更_中
  • 文字サイズ変更_大

がん治療における重粒子線

がん治療における重粒子線

がん治療の方法

がんの治療法には、大きく分けて手術療法、薬物療法、放射線療法の3つがあります。放射線療法は手術療法と同じく、がんを局所的(がんであると明確にわかるところのみ)に治療する手段です。全身にがんがちらばっているような場合や、がんのある場所がはっきりと特定できないときには、あまり適切な治療になりません。
放射線療法は通常の放射線治療、粒子線治療の2つに分類されますが、重粒子線治療は粒子線治療の1つです。

放射線療法の分類

重粒子線とは

放射線は、空間や物質中を波や粒子を通じて伝わり、物質にエネルギーを与えます。
放射線の中で電子より重いものを粒子線、ヘリウムイオンより重いものを特に重粒子線と呼びます。群馬大学では、炭素イオンが重粒子線治療に使用されています。

放射線の種類

重粒子線治療のしくみ

重粒子線(炭素イオン)を光のおよそ70%のスピードに加速して照射し、体の深部のがんに強いダメージを与えます。メスを使うことなく痛みを伴わずに、体内のがんを治療できます。