群馬大学_重粒子線医学センター
  • 文字サイズ変更
  • 文字サイズ変更_小
  • 文字サイズ変更_中
  • 文字サイズ変更_大

新着情報

大韓民国延世大学延世がん病院と学術交流に関する協定を締結

その他

大韓民国延世大学延世がん病院と群馬大学重粒子線医学推進機構重粒子線医学研究センターは、両機関の学術交流に関する協定を締結しました。

2020年9月25日(金)、大韓民国延世大学延世がん病院と群馬大学重粒子線医学推進機構重粒子線医学研究センターは、両機関の友好促進、粒子線治療並びに放射線腫瘍学研究における国際協力を促進するため協定を締結しました。
コロナ禍のため、調印式はオンラインで双方を結び、協定書の署名終了後は、Ki Chang Keum延世がん病院長、Yong Bae Kim放射線腫瘍学科長、大野達也重粒子線医学研究センター長から、それぞれあいさつが行われました。
両機関は、モニター越しに協定書を掲げて今後益々の連携、協力促進を確認しました。

(リンク:調印式の模様)