群馬大学医学部附属病院 重粒子線医学研究センター
  • 文字サイズ変更
  • 文字サイズ変更_小
  • 文字サイズ変更_中
  • 文字サイズ変更_大

新着情報

インドタタメモリアルセンターと学術交流に関する協定を締結

その他

インドタタメモリアルセンターと群馬大学重粒子線医学研究センターは、両機関の学術交流に関する協定を締結しました。

2021年9月09日(木)、インドタタメモリアルセンターと群馬大学重粒子線医学研究センターは、両機関の友好促進、粒子線治療並びに放射線腫瘍学研究における国際協力を促進するため協定を締結しました。
調印式はオンラインで双方を結び、花屋実重粒子線医学推進機構長(理事・副学長)の挨拶があり、続いてRA Badweタタメモリアルセンター長から挨拶があり、協定書への署名が行われました。調印式はモニターを通して終始和やかな雰囲気の中で行われました。

タタメモリアルセンターでは近く陽子線治療が開始される予定で、群馬大学とタタメモリアルセンターは粒子線治療に関する国際シンポジウムを共催するなど、教育や研究活動を通じて長年にわたってパートナーシップを育ててきました。
協定書の署名終了後は、群馬大学に来日している研究者、研究を終了しインドに帰国した研究者を含めて、記念撮影を行いました。


調印式の様子:左が花屋実機構長と大野達也重粒子線医学研究センター長、右がRA Badweセンター長とSiddhartha Laskar副センター長